プチギフトの選び方*結婚式にふさわしいアイテム

今回は、プチギフトの上手な選び方についてご紹介していきます。

何回かに分けて、色んな角度からお話出来たらと思います♡

 

***

 

まずプチギフト、ときけば結婚式をイメージする方が多いのではないのでしょうか?

ネットで「プチギフト」と検索すると、結婚式用に考えられた可愛いアイテムがたくさん見つかりますよね♡

 

結婚式では、お見送りの際にゲストにプチギフトをお渡しします。

この習慣は「幸せのお裾分け」という意味を持ち、ヨーロッパ文化に影響を受けています。日本では数十年前から定着するようになりました。

 

必ずしも用意しなくてはならないものではありませんが、ゲストに手渡しながら直接感謝の気持ちを伝えるチャンスです!

喜ばれるプチギフトを贈って、ゲストの満足度を上げましょう♡

 

では、簡単に結婚式のプチギフトを選ぶポイントをお伝えします*

 

 

ゲストが持ち帰りやすいものを選ぶ

結婚式は様々なゲストが出席して下さいます。中には遠方から時間をかけて来て下さる方も。

持ち帰るのが大変な大きいもの・重いもの・匂いが強いもの・生ものなどは避けましょう。

すぐに消費出来るお菓子や飲みものを選ぶのもおすすめです。

 

 

2人らしさを感じられるものを選ぶ

せっかくなら、2人の人柄が伝わるようなプチギフトを贈ってみませんか?

例えば、新郎新婦の地元で人気のお菓子、2人でいつも飲んでいるお気に入りのドリンク、和婚に合わせて和風のアイテムetc…

ラッピングやサンキュータグなどでオリジナル感を演出するのも素敵です♡

 

相手側のゲストと初めてお会いすることも多い結婚式。2人らしさを感じられるアイテムなら、より印象に残る素敵なギフトになるはず!

 

 

食品は味見をしておくと安心!

消えもので老若男女問わず喜ばれる美味しいもの。食品はプチギフトの大定番です。

ただし、見た目が可愛いのに味が残念…という場合もあるので要注意!

出来ればゲストに差し上げる前に、自分で味の確認をしておきましょう。

 

味見が難しい場合、口コミをチェックしたり、評判の良いお店を選ぶなどきちんと情報収集をしておくと安心です*

 

 

縁起が悪いものは避ける

結婚式でタブーとされている代表的なものはこちらです。

* 刃物(縁を切ることを連想)
* 茶(弔事でよく使われる)
* ハンカチ(別れを連想)
* 櫛(「苦」や「死」を連想)

あくまで一般的なもので、地域によって異なる場合もあります。

これらは避けた方が無難ですが、形式にとらわれない自由な結婚式が増えてきている今日この頃。

ゲストやウェディングスタイルを考慮して、臨機応変に考えても大きな問題はありません。ご両親やパートナーと相談しつつ選びましょう。

 

 

***

 

プチギフトは結婚式を彩る大切なアイテム♡引き出物より自由度が高いのも選びがいがあります。

その分とても悩みますが、来て下さるゲストの喜ぶ顔を思い浮かべてあれこれ考えるのも素敵な時間。

ありがとうの気持ちを託せる素敵なアイテムを選んで下さいね♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です